生活に自然を安らぎをぬくもりを


by ryuuta519310
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2

「いってきまーす」、次の朝フウちゃんとリュウ君は

おばあちゃんがつくってくれたお弁当を持って

元気よく学校へ行きました。

お昼の時間になってフウちゃんはお弁当を食べはじめました。

すると、そばにいたお友達がフウちゃんのお弁当を見て

「わーい、うめぼしと、たまごやきと、きゅうりしかはいってない

変なお弁当」といって笑いました。

それをきいたほかのおともだちも笑いました。

フウちゃんはすこし悲しいきもちになりましたが、

だまってお弁当を食べました。

学校帰りに、リュウ君もお弁当の事で

みんなにからかわれたと言いました。

「ただいま」、「お帰りなさい、お弁当残さず食べたかね」と

二人がおうちに帰るとおばあちゃんが聞いてきました。

「うん」と小さな声でいうと「元気がないね、どうしたの?」と

おばあちゃんが心配そうにいいました。

「なんでもないよ」といって宿題するからと

フウちゃんとリュウ君は勉強部屋へいってしまいました。

学校でのことをおばあちゃんにいえませんでした。       つづく
[PR]
by ryuuta519310 | 2009-02-24 16:54